【11月14日 AFP】インドネシア・スマトラ(Sumatra)島の農園で、「死体花」としても知られる世界最大の花、ショクダイオオコンニャク(別名:スマトラオオコンニャク、Amorphophallus Titanum)が咲いた。農園主が発見した。10日撮影。(c)AFP