【10月31日 AFP】米東部ペンシルベニア州ピッツバーグ(Pittsburgh)にあるシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)で27日に起きた銃乱射事件を受け、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領夫妻は30日、事件の現場となったシナゴーグ「ツリー・オブ・ライフ(Tree of Life)」を慰問に訪れた。

 シナゴーグ周辺には1500人以上のデモ参加者が集まり、「憎悪をあおる大統領よ、われわれの州を去れ!」「トランプ、白人至上主義を今すぐ捨てよ」などと書かれたプラカードを掲げてトランプ氏の訪問に抗議した。

 メラニア(Melania Trump)夫人を同伴してシナゴーグに到着したトランプ氏は、犠牲者をしのぶ追悼碑に白い花と小石を手向けた。

 トランプ氏の長女でユダヤ教徒であるイヴァンカ(Ivanka Trump)大統領補佐官と夫ジャレッド・クシュナー(Jared Kushner)大統領上級顧問も慰問に訪れ、追悼碑の前で黙とうをささげた。(c)AFP/Jennie MATTHEW