【10月25日 AFP】ラグビーのニュージーランド代表とオーストラリア代表は25日、定期戦シリーズ「ブレディスローカップ(Bledisloe Cup)」に向けた先発メンバーを発表した。

 オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)では、ソニー・ビル・ウィリアムズ(Sonny Bill Williams)が代表通算50試合目のテストマッチに臨むことが決まった。

 ラグビーユニオンでもラグビーリーグでもプレーし、これまでに2度ラグビーW杯(Rugby World Cup)制覇の経験を持つウィリアムズは、体調不良で外れたジャック・グッドヒュー(Jack Goodhu)に代わって先発メンバーに復帰したライアン・クロッティー(Ryan Crotty)とセンターでコンビを組む。

 ダミアン・マッケンジー(Damian McKenzie)がフルバックに復帰し、ベン・スミス(Ben Smith)は右ウイングにポジションを移した。10月上旬の南アフリカ戦でサム・ケイン(Sam Cane)が首を痛めたため、フランカーにはアーディ・サヴェア(Ardie Savea)とリアム・スクワイア(Liam Squire)が入っている。

 一方のワラビーズ(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)は、イズラエル・フォラウ(Israel Folau)が初めてセンターとして先発入りを果たした。

 今季すでにフルバックからウイングにポジションを移しているフォラウは、カートリー・ビール(Kurtley Beale)とコンビを組むことになり、フライハーフはバーナード・フォーリー(Bernard Foley)が務める。

 右ウイングにはセファ・ナイヴァル(Sefa Naivalu)が入り、ロックではアダム・コールマン(Adam Coleman)に代わってロブ・シモンズ(Rob Simmons)が組み込まれ、フロントローにはアラン・アラアラトア(Allan Alaalatoa)が起用されている。

 ラグビーW杯日本大会(Rugby World Cup 2019)を1年後に控える中、この一戦は27日に横浜で開催される。オールブラックスはこの一戦を皮切りに、イングランドやアイルランド、イタリアとも対戦する。

 両国の先発メンバーは以下の通り。

■ニュージーランド

ダミアン・マッケンジー、ベン・スミス、ライアン・クロッティー、ソニー・ビル・ウィリアムズ、リコ・イオアネ(Rieko Ioane)、ボーデン・バレット(Beauden Barrett)、TJ・ペレナラ(TJ Perenara)、キーラン・リード(Kieran Read)、アーディ・サヴェア、リアム・スクワイア、スコット・バレット(Scott Barrett)、サミュエル・ホワイトロック(Sam Whitelock)、オーウェン・フランクス(Owen Franks)、コディー・テイラー(Codie Taylor)、ジョー・ムーディー(Joe Moody

■オーストラリア

デーン・ハイレットぺティ(Dane Haylett-Petty)、セファ・ナイヴァル、イズラエル・フォラウ、カートリー・ビール、マリカ・コロイベッテ(Marika Koroibete)、バーナード・フォーリー、ウィル・ゲニア(Will Genia)、デビッド・ポーコック(David Pocock)、マイケル・フーパー(Michael Hooper)、ネド・ハニガン(Ned Hanigan)、ロブ・シモンズ、アイザック・ロッダ(Izack Rodda)、アラン・アラアラトア、フォラウ・ファインガア( Folau Faingaa)、スコット・シオ(Scott Sio

(c)AFP