【6月2日 AFP】旧ソ連によるアフガニスタン侵攻時の約30年前に、乗機を撃墜されて行方不明となり、死亡したと思われていたロシア人パイロットが生存しており、帰国を希望していることが分かった。ロシアの退役軍人組織の関係者らが1日、明らかにした。

 ロシア落下傘部隊連盟会長で、戦争捕虜および行方不明兵に関する米ロ合同委員会のロシア側の責任者を務めるバレリー・ボストロティン(Valery Vostrotin)氏は国営ロシア通信(RIA Novosti)に、「彼はまだ生きている。非常に驚くべきことだ。彼はいま助けを求めている」と述べた。ただ、機密保持を理由にパイロットの氏名の公表は拒否した。

 退役軍人団体の副会長を務めるビヤチェスラフ・カリニン(Vyacheslav Kalinin)氏は同通信に、この元兵士は1987年に撃墜され、現在は60歳を超えているとみられると述べた。元兵士は帰国を希望しており、現在はアフガニスタン所有の戦争捕虜収容所があるパキスタンにいるとカリニン氏は示唆している。

 国営ロシア通信によると、1979~1989年の旧ソ連のアフガン侵攻で撃墜されたソ連軍機は125機。1989年にソ連軍が撤退した際に行方不明とされた兵士は約300人で、以降、約30人が発見され、その大半が母国に戻っている。

 ロシア紙コメルサント(Kommersant)は、1987年に撃墜されたソ連のパイロットは1人だけで、南部ロストフ(Rostov)出身のセルゲイ・パンテリュク(Sergei Pantelyuk)氏と報じている。同氏はアフガニスタン首都カブール(Kabul)北方にある、現在は米空が拠点としているバグラム(Bagram)空軍基地を離陸後、行方不明となっていた。

 地元の退役軍人組織の責任者は、パンテリュク氏の母親と姉は存命だと述べた。大衆紙コムソモリスカヤ・プラウダ(Komsomolskaya Pravda)によると、同氏には行方不明になる数か月前に生まれた31歳になる娘がいるという。

 上院議員のフランツ・クリンツェビッチ(Frants Klintsevich)氏は国営ロシア通信に、今回の元兵士発見は氷山の一角だと述べた。同氏は数年前にアフガニスタンを訪問した際に旧ソ連兵と会ったが、その人物は名乗らず、ロシア語を話すのも困難で、今さら帰国できないと語ったという。

 2015年にAFPがインタビューした旧ソ連兵のバフレディン・ハキモフ(Bakhretdin Khakimov)氏は、アフガニスタンに残ることを選んだ兵士の1人だ。同氏は重傷を負い、地元の人々の看護を受けて回復した後、イスラム教徒に改宗した。

 ハキモフ氏はAFPにこう語っている。「私がアフガニスタンに残ったのは、アフガン人がとても親切で寛容だからだ」(c)AFP