【5月28日 AFP】韓国ソウルの繁華街、梨泰院(Itaewon)で26日、ドラァグクイーン(女装パフォーマー)のパレードが開催された。

 ジェンダーについてはまだ保守的な韓国で、性的少数者(LGBTQ)によるプライドパレードは行われているが、ドラァグクイーンのパレードは初めて。

「ソウル・ドラァグ・パレード(Seoul Drag Parade)」を主催したヤン・ヒージー(Yang Heezy)さんはAFPの取材に「韓国では性的少数者の人権保障はまだ不十分だ」と述べ、性的少数者にはより関心を持ってもらい、性的少数者でない人々にはもっと知ってもらうために、今回のようなパレードが必要だと語った。

 LGBT活動家らによると、韓国でも最近は若い世代を中心に、性的少数者に対する寛容さが増していることが統計で示されている。(c)AFP