【4月29日 AFP】スペインで、裁判所が26日に同国北部パンプローナ(Pamplona)で2年前に開かれた牛追い祭り「サン・フェルミン祭(San Fermin Festival)」で18歳の女性を集団レイプした5人の男に対し、強姦(ごうかん)罪ではなく性的虐待の罪で禁錮9年を言い渡したことから、各地で同日から2日間にわたって大規模な抗議デモが行われている。

 27歳から29歳までの男5人は2016年7月7日、サン・フェルミン祭初日にパンプローナのアパートの入り口で、当時18歳だった女性を集団レイプした罪に問われていた。サン・フェルミン祭は1週間にわたって開催され、期間中、街には数万人の観光客らが訪れる。

 男たちは女性の携帯電話を盗み、女性をその場に放置した。男たちは事件の様子を自分たちのスマートフォンで撮影し、その後、メッセージサービスの「ワッツアップ(WhatsApp)」で自分たちを「La Manada(「一味、群れ」の意)」と名乗り、犯行について自慢するなどしていたという。

 裁判所は被告の男5人に対し、本件では「暴力や脅迫」は認められなかったと判断し、強姦罪を含めた性的暴行の罪に関しては無罪とし、さらに、被害者の女性は同意したわけではないが拒絶する意思表示もしなかったとの裁定を下した。

 セクハラ告発運動「#MeToo(私も)」が世界的に広がる中、今回の判決に対して激しい怒りの声が上がり、判決が言い渡されたパンプローナ裁判所の外では27日、デモに集まった人々が「性的虐待ではない、レイプだ!」と叫んだり、「(ここは)不正の館」と書かれた横断幕を掲げたりした。女性の人権団体によれば、同市内では28日にも抗議デモが予定されている。デモは他にも、バルセロナやマドリード、さらには男たちの出身地セビリア(Seville)などでも行われている。

 スペイン政府は27日、性犯罪関連法の改正について検討する考えを発表した。

 映像は28日、パンプローナで行われたデモ。(c)AFP