【4月18日 AFP】オーストラリアのウエスタンオーストラリア(Western Australia)州で行われていたサーフィンの国際大会「マーガレット・リバー・プロ(Margaret River Pro)」の主催者は18日、サメの襲撃が2度相次いだことを受け、大会の中止を発表した。

 マーガレット・リバー・プロは世界トップレベルの男女サーファーが出場するプロツアーの一つで、豪南西部の海岸で今月11日から12日間の日程で開催されていた。

 しかし16日朝、州都パース(Perth)からおよそ260キロ南に位置するグレースタウン(Gracetown)に近い沖合で地元サーファーがサメに襲われ脚を負傷し、大会は一時中断。

 また、デンマーク国籍と報じられているサーファーも後に同じ海域でサメに襲われ、脚に大けがを負った。

 専門家によるとウオータースポーツの人気が高まっていることに加え、餌となる魚が沖合に集まってきていることから人がサメに襲われる事故が増えているという。ただ、死亡事故はまれだという。(c)AFP