【2月25日 AFP】エストニアは24日、1918年2月24日の独立宣言から100周年を迎え、首都タリンでは軍事パレードなど祝祭の催しが行われた。現在は西側に組み込まれているエストニアだが隣国ロシアとの緊張関係は解消していない。

 タリンで行われた軍事パレードでは、エストニア国旗を振る市民らが見物するなか、国軍および北大西洋条約機構(NATO)加盟国から兵士1万1000人と数百両の軍用車両が市内を行進した。

 エストニアは1918年、第1次世界大戦(World War I)中の帝政ロシア崩壊に伴いバルト三国のラトビア、リトアニアとともにロシアから独立。だが第2次世界大戦(World War II)中の1939年にソビエト連邦とナチスドイツとの間で交わされた秘密議定書により、1940年にソ連に併合された。人口約130万人のエストニアはソ連が消滅に向かう中1991年6月に独立を果たした。

 だが独立後もロシアとの緊張関係は続き、エストニアは2004年にNATOおよび欧州連合(EU)に加盟。両国の関係は2014年のロシアによるウクライナのクリミア(Crimea)半島編入や、ウクライナ東部で現在も続く親ロシア派とウクライナ政府軍との戦闘でさらに緊張が高まっている。(c)AFP