【2月5日 MODE PRESS WATCH】「ロジェ ヴィヴィエ(Roger Vivier)」は、任期満了に伴いクリエイティブ・ディレクターのブルーノ・フリゾーニ(Bruno Frisoni)との契約を終了する。

 ブルーノが手がける最後のコレクションは、2月27日にパリで開催される18/19年秋冬コレクションとなる。契約終了に伴い、ブルーノは次のようにコメントを発表した。

「ロジェ ヴィヴィエの再生に懸けたこの16年はかけがえのない素晴らしいものでした。ブランドを今日の姿に成長させるまで私を信じて任せてくださったディエゴ・デッラ・ヴァッレ氏、私のインスピレーションであり親友であるイネス・ド・ラ・フレサンジュ、才能に溢れるチームと協力してくださった全ての方々に感謝いたします。この経験は何物にも代えられない、まさに最高のアドベンチャーでした」

 なお、後任については後日ブランドから正式に発表される予定。(c)MODE PRESS