【9月11日 AFP】17-18ドイツ・ブンデスリーガ1部は10日、第3節の試合が行われ、シャルケ04(Schalke04)は後半開始直後に2得点を奪うなど、VfBシュツットガルト(VfB Stuttgart)を3-1で退けた。

 試合前に内田篤人(Atsuto Uchida)の退団セレモニーを行ったシャルケは前半4分、ナビル・ベンタレブ(Nabil Bentaleb)のゴールで先制したものの、シュツットガルトのチャドラック・アコロ(Chadrac Akolo)にゴールを奪われ、前半を1-1の同点で折り返した。

 迎えた後半、シャルケは同2分にナウド(Naldo)の誕生日を自ら祝うゴールで勝ち越しに成功すると、その1分後にはグイド・ブルグスタラー(Guido Burgstaller)の得点で突き放した。

 この結果、シャルケは5位に浮上し、首位ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)を勝ち点1差で追いかけている。(c)AFP