【9月8日 AFP】男子ゴルフのメジャー大会で通算14勝を誇るタイガー・ウッズ(Tiger Woods、米国)は7日、10月の大会で復帰する意向を示した。一方で、期待が高まる自身の復帰計画はリハビリの状況次第であると強調した。

 昨年8月の大会を最後にツアーを欠場している40歳のウッズは、「リハビリは復帰の見通しが立てられる段階まできているが、まだ仕事は残っている。プレーできるかどうかは、これからの回復状況やリハビリ次第だ。大会への準備が整えられることを期待している」と声明で述べた。

 ゴルフ界のスーパースターであるウッズは、今年10月13日から16日まで米カリフォルニア(California)州ナパ(Napa)で開催される2016-17シーズンの開幕戦、セーフウェイ・オープン(2016 Safeway Open)で大会復帰を目指している。さらに、11月にはトルコの観光都市アンタルヤ(Antalya)で行われるトルコ航空オープン(Turkish Airlines Open 2016)に出場し、12月には自身の財団が主催するヒーロー・ワールドチャレンジ(2016 Hero World Challenge)でプレーするためにバハマへの渡航も計画している。

「ナパに続き、トルコとバハマでもプレーできることを望んでいる。再び競技することが待ちきれないよ」とツイッター(Twetter)につづったウッズはまた、大会復帰の前に来月10と11日にカリフォルニアで行われるタイガー・ウッズ招待(Tiger Woods Invitational)に参加する計画も明かした。

 昨年のウィンダム選手権(Wyndham championship 2015)で10位タイに終わって以降、大会に出場していないウッズは、同年9月に腰にメスを入れ、さらなる治療の一環として患部の神経痛を和らげるための手術を受けている。

 今年はじめにクラブをスイングしている映像が流れ、復帰間近の臆測が飛び交ったウッズだったが、最終的に今季は全試合を欠場し、キャリアで初めてメジャー全4大会をあきらめることになった。

 ウッズは、「秋を楽しみにしている。自分にとって大切な大会を欠場するのはつらかったが、今回は慎重にリハビリに専念して、決して焦らなかった」とすると、「子どものサム(Sam Alexis Woods)やチャーリー(Charlie Axel Woods)と一緒に素晴らしい時間を過ごせたし、ゴルフコースの設計をはじめ、財団の20周年記念や1997年のマスターズ・トーナメント(The Masters Tournament)に関する書籍など、多くのプロジェクトで仕事ができた。それでも戦うことは恋しかったよ」と心境を語った。(c)AFP