【2月23日 MODE PRESS WATCH】「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)自伝」が3月4日、ついに日本発売となる。

 2014年にイギリスで発刊され話題となった本著は、生ける伝説とも言うべきヴィヴィアン本人による、最初でただひとつのスペシャルな自叙伝。彼女が初めて語るストーリーや彼女の貫く思想などがおさめられている。

 ファッションデザイナーでブランドの設立者、パンクカルチャーの立役者、人権・環境保護活動家、そして祖母。多くの偉業を成し遂げ栄光を手にし、人々に影響を与え続ける背景にあるのは、不屈のチャレンジ精神や好奇心、無尽蔵なバイタリティ。また友人や家族、仕事仲間の声からは、情熱的なまでに誠実な姿勢や寛大さ、ウィットに富む性格を伺い知ることができる。女優のパメラ・アンダーソン(Pamela Anderson)、チャールズ皇太子、モデルのナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、デザインパートナーで夫のアンドレアス・クロンターラー(Andreas Kronthaler)といった数多くの著名人がメッセージを寄せた。

 共著者は、友人であり伝記作家として受賞歴もあるイアン・ケリー(Ian Kelly)。ヴィヴィアンとすごした2年間をもとに、二人で書き上げた。

 イギリスの田舎ダービシャーに生まれ、小学校教師からスタートしたヴィヴィアンが、世界的アイコンになるまでの数奇な運命と彼女の圧倒的魅力を紐解く貴重な一冊を、ぜひ手にとってみて。

■お問い合わせ
DU BOOKS(ディスクユニオン)/03-3511-9970

■書籍概要
・VIVIENNE WESTWOOD ヴィヴィアン・ウエストウッド自伝
著者:ヴィヴィアン・ウエストウッド、イアン・ケリー
624ページ、カラー写真多数
価格:4,000円(税抜)
(c)MODE PRESS