【11月26日 AFP】英語風に発音すると下品な言葉となる「Phuc Dat Bich」という本名のせいで交流サイト(SNS)のフェイスブック(Facebook)から差別を受けていると訴えた投稿が話題になった男性が25日、実はこの投稿がいたずらだったことを明らかにした。

 オーストラリア人を自称する男性は、ベトナム系の本名で登録しているアカウントをフェイスブックによって何度も停止させられたと訴え、世界の注目と支持を集めていた。男性は、うそをついていないことを証明するために自身のパスポートの写真も掲載。数百人が男性への支持を示すコメントを残し、フォロワーの数は4万5000人を超えた。

 だが男性は、今度は「ジョー・カー(Joe Carr)」というまたしてもややこしい名を名乗り、今年1月に始めた一連の投稿は「メディアをだまし、手を差し伸べてくれた人たちの善良さを引き出すことができた」と語り、投稿はいたずらだったことを明らかにした。

 そもそも、「Phuc Dat Bich」は、ベトナム語では怪しげな氏名だ。3語とも姓ではなく名をあらわすもので、この組み合わせはほぼあり得ない。一方、これら3語はそれぞれベトナムではよくある名だ。

 ベトナム人の氏名は姓、ミドルネーム、名の順で表記されるが、男性がフェイスブックに投稿したパスポートの画像からは、どれが姓でどれが名を示しているのかは不明だ。(c)AFP