【11月23日 AFP】男子テニスのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)は、今シーズン圧倒的な成績を残したノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)に対し、来年も同様の快進撃を続けることは難しいだろうと警告した。

 フェデラーは、ATPワールドツアー・ファイナル(ATP World Tour Finals 2015)の決勝に3-6、4-6で敗れると、ジョコビッチの前に屈するシーズン最後の犠牲者になった。

 28歳のジョコビッチは今季、全仏オープン(French Open 2015)以外の四大大会(グランドスラム)をすべて制するなど、82勝6敗という驚異の戦績を収め、ツアー・ファイナルで11個目のタイトルを獲得した。

 しかし、グランドスラムを17回制しているフェデラーは、来年も同じだけの結果を残すことが、ジョコビッチにとってどれだけ難しいかを理解しているようだ。

「このペースでずっと続けるのは難しい。プロ選手の差は本当にわずかなもので、1つのブレークポイントが全ての結果を変えてしまう」

「永遠に勝ち続けることはできない。トップ選手は本当に僅差で戦っているんだからね」

「それもあって、今季のノバクはすごいんだ。僕も経験したし、ラファ(エル・ナダル、Rafael Nadal、スペイン)も同じ道を経てきた。だから僕らは、翌年も同じだけの成績を残すことがどれだけ難しいのか知っている」

「ノバクにとって良い年はこれが初めてじゃない。彼はもちろん、自信満々で来季に臨むだろう」

「悪いシーズンを過ごすのは、彼にとってつらいことだろう。でも、こんな1年を繰り返すことはできない」

「大変な努力が必要だ。身体的には、けがなどをしないで最高のコンディションを維持しなければならない。精神的にも、常にピークの状態でいる必要がある。見た目ほど簡単ではないんだ」