【6月12日 AFP】11日に開幕したコパ・アメリカ(2015 Copa America)では、ともにFCバルセロナ(FC Barcelona)に所属するアルゼンチン代表のリオネル・メッシ(Lionel Messi)とブラジル代表のネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)の直接対決の実現が注目される。

■メッシの決意

 メッシがキャプテンを務めるアルゼンチンは、昨年のW杯(2014 World Cup)では決勝でドイツに延長戦の末0-1で敗れるなど、1993年のコパ・アメリカを最後に主要タイトルから遠ざかっている。

 アルゼンチンのキャンプ地でインタビューに応じたメッシは、「開幕前のコンディションは、昨年のW杯よりも今回の方がいい」と語っている。

 メッシが代表入りしてから無冠のアルゼンチンは、カルロス・テベス(Carlos Tevez)、セルヒオ・アグエロ(Sergio Aguero)、アンヘル・ファビアン・ディ・マリア(Angel Fabian Di Maria)らビッグネームをそろえており、メッシはアルビセレステ(Albiceleste、アルゼンチン代表チームの愛称)の悲願達成に向け、選手は士気を高めていると語っている。

「この世代はどうしても代表でタイトルを獲得したいと願っている」

 また、マンチェスター・シティ(Manchester City)に所属するアグエロは、「もし何のタイトルも獲得できなかったら、この世代の選手は一生後悔することになるだろう」と語り、メッシよりも率直にタイトル獲得への意欲を口にしている。