各部門のノミネートは以下の通り。

<作品賞>
-『アメリカン・スナイパー』
-『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
-『6才のボクが、大人になるまで。』
-『グランド・ブダペスト・ホテル』
-『イミテーション・ゲーム』
-『セルマ』
-『博士と彼女のセオリー』
-『セッション』

<監督賞>
-アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(Alejandro González Iñárritu)--『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
-リチャード・リンクレイター(Richard Linklater)監督 --『6才のボクが、大人になるまで。』
-ベネット・ミラー(Bennett Miller)監督 -- 『フォックスキャッチャー(原題、Foxcatcher)』
-ウェス・アンダーソン(Wes Anderson)監督 --『グランド・ブダペスト・ホテル』
-モルテン・ティルドゥム(Morten Tyldum)監督 --『イミテーション・ゲーム』

<主演男優賞>
-スティーヴ・カレル(Steve Carell)--『フォックスキャッチャー』
-ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)--『アメリカン・スナイパー』
-ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)--『イミテーション・ゲーム』
-マイケル・キートン(Michael Keaton)--『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
-エディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)--『博士と彼女のセオリー』

<主演女優賞>
-マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)--『サンドラの週末(Two Days, One Night)』
-フェリシティ・ジョーンズ(Felicity Jones)--『博士と彼女のセオリー』
-ジュリアン・ムーア--『アリスのままで(Still Alice)』
-ロザムンド・パイク(Rosamund Pike)--『ゴーン・ガール』
-リース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)--『ワイルド(原題、Wild)』

<助演男優賞>
-ロバート・デュヴァル(Robert Duvall)--『ジャッジ 裁かれる判事(The Judge)』
-イーサン・ホーク(Ethan Hawke)--『6才のボクが、大人になるまで。』
-エドワード・ノートン(Edward Norton)--『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
-マーク・ラファロ(Mark Ruffalo)--『フォックスキャッチャー』
-J・K・シモンズ(J. K. Simmons)--『セッション』

<助演女優賞>
-パトリシア・アークエット(Patricia Arquette)--『6才のボクが、大人になるまで。』
-ローラ・ダーン(Laura Dern)--『ワイルド』
-キーラ・ナイトレイ(Keira Knightley)--『イミテーション・ゲーム』
-エマ・ストーン(Emma Stone)--『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
-メリル・ストリープ(Meryl Streep)--『イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)』

<外国語映画賞>
-『イーダ(原題、Ida)』(ポーランド)
-『リバイアサン(原題、Leviathan)』(ロシア)
-『タンジェリンズ(原題、Tangerines)』(エストニア)
-『トンブクトゥ(原題、Timbuktu)』(モーリタニア)
-『ワイルド・テールズ(原題、Wild Tales)』(アルゼンチン)

<長編アニメ賞>
-『ベイマックス(Big Hero 6)』
-『ザ・ボックストロールズ(原題、The Boxtrolls)』
-『ハウ・トゥ・トレイン・ユア・ドラゴン2(How To Train Your Dragon 2)』
-『ソング・オブ・ザ・シー(原題、Song of the Sea)』
-『かぐや姫の物語(The Tale of the Princess Kaguya)』

<長編ドキュメンタリー賞>
-『シチズンフォー(Citizenfour)』
-『ファインディング・ビビアン・メアー(原題、Finding Vivian Maier)』
-『ラストデイズ・イン・ベトナム(原題、Last Days in Vietnam)』
-『ザ・ソルト・オブ・ジ・アース(原題、The Salt of the Earth)』
-『ビルンガ(原題、Virunga)』

<脚本賞>
-『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
-『6才のボクが、大人になるまで。』
-『フォックスキャッチャー』
-『グランド・ブダペスト・ホテル』
-『ナイトクローラー(原題、Nightcrawler)』

<脚色賞>
-『アメリカン・スナイパー』
-『イミテーション・ゲーム』
-『インヘレント・バイス(原題、Inherent Vice)』
-『博士と彼女のセオリー』
-『セッション』

<撮影賞>
-『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
-『グランド・ブダペスト・ホテル』
-『イーダ』
-『ターナー、光に愛を求めて(Mr Turner)』
-『アンブロークン(原題、Unbroken)』

<作曲賞>
-アレクサンドル・デプラ(Alexandre Desplat)--『グランド・ブダペスト・ホテル』
-アレクサンドル・デプラ --『イミテーション・ゲーム』
-ハンス・ジマー(Hans Zimmer)--『インターステラー(Interstellar)』
-ゲイリー・ヤーション(Gary Yershon)--『ターナー、光に愛を求めて』
-ヨハン・ヨハンソン(Johann Johannsson)--『博士と彼女のセオリー』

<主題歌賞>
-「Everything is Awesome」--『LEGO(R)ムービー』より
-「Glory」--『セルマ』より
-「Grateful」--『Beyond the Lights』より
-「I'm Not Gonna Miss You」--『Glen Campbell... I'll Be Me』より
-「Lost Stars」--『はじまりのうた(Begin Again)』より

<視覚効果賞>
-『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(Captain America: The Winter Soldier)』
-『猿の惑星:新世紀(Dawn of the Planet of the Apes)』
-『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians Of The Galaxy)』
-『インターステラー』
-『X-MEN:フューチャー&パスト(X-Men: Days of Future Past)』

(c)AFP/Michael THURSTON