【12月22日 AFP】14NFLは21日、第16週の試合が行われ、骨折から復帰したQBキャム・ニュートン(Cam Newton)が活躍したカロライナ・パンサーズ(Carolina Panthers)は17-13でクリーブランド・ブラウンズ(Cleveland Browns)に勝利した。

 第4クオーター開始後、ブラウンズはQBブライアン・ホイヤー(Brian Hoyer)がジョーダン・キャメロン(Jordan Cameron)に81ヤードのタッチダウンパスを通していったんはリードを奪う。

 しかしその後、ニュートンがジョナサン・スチュワート(Jonathan Stewart)にパスを通して、パンサーズは再び逆転に成功。次週のシーズン最終戦で、アトランタ・ファルコンズ(Atlanta Falcons)とNFC南地区の優勝決定戦に臨む。

 ファルコンズは同日、30-14でニューオーリンズ・セインツ(New Orleans Saints)を下しており、セインツがプレーオフに進出する望みはこれで絶たれた。

 NFC東地区では、ダラス・カウボーイズ(Dallas Cowboys)が42-7でインディアナポリス・コルツ(Indianapolis Colts)を一蹴した。QBトニー・ロモ(Tony Romo)が218ヤードを獲得したカウボーイズは、11勝4敗で5年ぶり19度目の地区優勝を果たしている。

 グリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)は、タンパベイ・バッカニアーズ(Tampa Bay Buccaneers)と対戦。厳しい守備でバッカニアーズの総獲得ヤードをわずか109ヤードに抑えると、20-3で勝利を収め、6シーズン連続のプレーオフ進出を決めた。

 パッカーズは次週、NFC北地区制覇を懸けてデトロイト・ライオンズ(Detroit Lions)と戦うことになる。

 ピッツバーグ・スティーラーズ(Pittsburgh Steelers)は、20-12でカンザスシティ・チーフス(Kansas City Chiefs)に快勝した。これでプレーオフ進出が決定したスティーラーズは、シンシナティ・ベンガルズ(Cincinnati Bengals)とAFC北地区の優勝をかけて対戦する。(c)AFP