【9月24日 AFP】2014年UCIロード世界選手権大会(2014 UCI Road World Championships)は23日、女子エリート個人タイムトライアルが行われ、ドイツのリサ・ブレナー(Lisa Brennauer)が38分48秒で優勝した。

 2005年にジュニアを制した26歳のブレナーは、ウクライナのアナ・ソロベイ(Anna Solovey)に18秒差を、米国のエヴェリン・スティーブンス(Evelyn Stevens)には21秒差をつけた。

 ブレナー自身も、優勝は期待していなかったと明かしている。

「私にとって、これ以上の結果はないわ。本当にうれしいです」

「今のところ、ただただ驚いています。信じられません。世界選手権には独自のルールがあって、この1レースのために1年間準備する選手もいるくらい」

「うれしい気持ちと驚きが混在していて、実感するのに時間がかかりそうです」

 昨年優勝したオランダのエレン・ファン・ダイク(Ellen Van Dijk)は、ブレナーに1分以上の差をつけられ、7位に終わった。(c)AFP