【5月28日 MODE PRESS】「コム デ ギャルソン(Comme des Garcons)」とコラボレーションし、香水「Girl」を発表したファレル・フィリアムズ(Pharrell Williams)が、コラボレーションの相手を決める基準を明かした。

 「ブランドとコボレーションをするときは、一流の相手を選びます。そうすれば自分が学ぶべきコラボレーションの真の目的というものが見えてきます」とファレル。

 これまで「アディダス(Adidas)」や、「ユニクロ(UNIQLO)」とのコラボレーションを発表してきたファレルだが、今後もより多くのコラボレーションを手がけていきたいと語った。「プロの方々とコラボレーションする理由は、一緒に働くことで彼らがどんな人かを短期間で知ることができ、また彼らの芸術性や職人技についても学ぶことができるからです。これは非常に素晴らしいことです」

 今回「コム デ ギャルソン」とコラボした香水は、ホワイトペッパーやネロリ、ラベンダーなどを調合している。発売は9月予定。(c)Bang Showbiz/MODE PRESS