【12月1日 AFP】13-14イングランド・プレミアリーグは30日、第13節の試合が行われ、ニューカッスル(Newcastle United)は2-1でウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(West Bromwich AlbionWBA)に勝利した。

 ニューカッスルはムサ・シッソコ(Moussa Sissoko)の目を見張るゴールが決勝点となり、WBAに勝利して暫定ながらリーグ5位に浮上した。

 ヨアン・グフラン(Yoan Gouffran)の得点で先制したニューカッスルは、WBAのクリス・ブラント(Chris Brunt)に同点ゴールを許して迎えた後半12分、フランス代表のシッソコが浮き上がるようなミドルシュートでWBAのゴールネットを揺すった。

 アラン・パーデュー(Alan Pardew)監督率いるニューカッスルは、シッソコの決勝点でリーグ4連勝を飾り、翌日に試合を控える2位リバプール(Liverpool FC)と3位チェルシー(Chelsea)、さらに4位エバートン(Everton)と勝ち点1差の5位に順位を上げた。

 一方、これでリーグ戦ここ8試合でわずか1勝となったWBAは、12位に順位を下げた。WBAは25日に行われた前節のアストン・ビラ(Aston Villa)戦では、2点を先行しながら2-2の引き分けに持ち込まれている。(c)AFP