【8月21日 AFP】非常に希少なブルーダイヤモンドが香港(Hong Kong)で競売にかけられることになり、関係者たちは新記録となる1900万ドル(約18億5000万円)を超える値がつくことを期待している。

 競売大手サザビーズ(Sotheby's)によると、この7.59カラットのダイヤモンドはシャツのボタンほどの大きさで、10月7日に開催される予定のオークションで、1カラット当たりの価格で新記録をたたき出す可能性があるという。サザビーズのアジア地区副代表を務める郭進耀(Quek Chin Yeow)氏は、中国の経済にはかげりが見えるもののトップクラスのコレクターは依然活発に売買を行っており、「『至高のブルー(Premier Blue)』と呼ばれるこの宝石が香港でオークションにかけられるのは極めて自然な流れであり、世界中から収集家たちが駆けつけてくるだろう」と語った。

 4月にはロンドン(London)で、5.3カラットのディープブルーダイヤモンドがオークションにかけられた。落札価格は620万ポンド(約9億5000万円)で、1カラット当たりの価格が180万ドル(約1億7500万円)という新記録をつくっている。(c)AFP