【7月6日 AFP】牛追いで有名なスペイン北部パンプローナ(Pamplona)の「サン・フェルミン祭(San Fermin)」の開幕を控えた5日、国際動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of AnimalsPETA)」とアニマ・ナチュラリス(Anima Naturalis)のメンバーらが同地に集まり、祭りの期間中に殺される48頭の牛を象徴する同じ数のひつぎを並べて中に入り、闘牛に対して抗議した。

 動物愛護団体が闘牛を厳しく非難する一方で、有名なサン・フェルミン祭には毎年、闘牛を見るため多数の観光客が訪れている。(c)AFP