【4月23日 AFP】米CNNテレビは、ボストン・マラソン(Boston Marathon)爆発事件のジョハル・ツァルナエフ(Dzhokhar Tsarnaev)容疑者(19)が捜査当局に対し、事件の首謀者は19日に死亡した兄のタメルラン・ツァルナエフ(Tamerlan Tsarnaev)容疑者で、国際テロ組織などは関与していないと供述していると報じた。

 CNNが匿名の米政府関係者の発言として伝えたところによると、負傷してボストンの病院で治療中のジョハル容疑者は初期の取り調べで、自分と兄は自ら過激思想に傾倒していったと話したという。またジョハル容疑者は、兄のタメルラン容疑者はイスラムを攻撃から守りたがっていた、と話しているという。(c)AFP