【8月10日 AFP】ロンドン五輪は9日、オリンピックスタジアム(Olympic Stadium)で陸上男子200メートル決勝が行われ、ジャマイカのウサイン・ボルト(Usain Bolt)が19秒32で優勝を飾り、2大会連続の短距離2冠を達成した。  4日に行われた100メートルでも2連覇を達成していたボルトは、1984年と88年の五輪の短距離種目で金メダル3つと銀メダル1つを獲得したカール・ルイス(Carl Lewis)氏を追い抜く、前人未到の記録を達成した。  また、陸上のトラック2種目で2連覇を達成したのは、1972年と1976年の五輪で5000メートルと10000メートルを制したフィンランドのラッセ・ヴィレン(Lasse Viren)氏以来となっている。  19秒44を記録したヨハン・ブレイク(Yohan Blake)が銀メダル、19秒84を記録したウォーレン・ウィア(Warren Weir)が銅メダルを獲得し、ジャマイカ勢が表彰台を独占した。(c)AFP