【3月16日 AFP】(記事更新)サッカーヨーロッパリーグ2011-12(UEFA Europa League 2011-12)は15日、決勝トーナメント2回戦の第2戦が各地で行われ、スペイン勢3チームが準々決勝進出を果たした一方で、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)とマンチェスター・シティ(Manchester City)が敗れ、大会から姿を消した。

 マンチェスター・ユナイテッド(以下ユナイテッド)は1-2でアスレティック・ビルバオ(Athletic Bilbao)に敗れ、2試合合計スコア5-3でビルバオが35年ぶりとなる欧州カップ戦8強入りを果たした。

 本拠地オールド・トラフォード(Old Trafford)での第1戦を2-3で落としているアレックス・ファーガソン(Alex Ferguson)監督率いるユナイテッドは、前半23分にフェルナンド・ジョレンテ(Fernando Llorente)の素晴らしいボレーシュートでビルバオに先制されると、後半20分にはオスカル・デ・マルコス(Oscar de Marcos)に追加点を許した。

 ユナイテッドは後半35分にウェイン・ルーニー(Wayne Rooney)のゴールで1点を返したが、延長戦に持ち込むためには2ゴール足りず、敗退を喫した。

■シティ、後半の反撃届かず

 一方、マンチェスター・シティ(以下シティ)は本拠地エティハド・スタジアム(Etihad Stadium)でスポルティング・リスボン(Sporting Lisbon)に3-2で勝利し、2試合合計スコア3-3で並んだが、アウェーゴールで上回るスポルティング・リスボンが準々決勝に駒を進めた。

 第1戦に0-1で敗れていたシティは、マティアス・フェルナンデス(Matias Fernandez)とリッキー・ファン・ウォルフスウィンケル(Ricky van Wolfswinkel)に得点を奪われ前半を0-2で折り返したものの、後半に入るとセルヒオ・アグエロ(Sergio Aguero)の2得点とマリオ・バロテッリ(Mario Barwauh Balotelli)のペナルティーキック(PK)で逆転し、2試合合計スコアも3-3で同点に追いついたが、アウェーゴールで敗退した。 

 マンチェスター勢の敗退により、欧州カップ戦に勝ち残っているイングランド勢は、14日に行われたサッカー欧州チャンピオンズリーグ2011-12(UEFA Champions League 2011-12)で準々決勝進出を果たしたチェルシー(Chelsea)だけとなった。

■シャルケはフンテラールがハットトリックの活躍

 同日行われたその他の試合では、バレンシア(Valencia CF)がPSVアイントホーフェン(PSV Eindhoven)と1-1で引き分け、2試合合計スコア5-3で準々決勝に進出した。

 オランダ・エールディビジで首位に立つAZアルクマール(AZ Alkmaar)は、ウディネーゼ(Udinese)に1-2で敗れたものの、2試合合計スコア3-2でベスト8入りを果たしている。

 09-10大会王者のアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)は3-0でベシクタシュ(Besiktas)に快勝し、2試合合計スコア6-1で準々決勝に駒を進めた。

 シャルケ04(Schalke04)はクラース・ヤン・フンテラール(Klaas-Jan Huntelaar)がハットトリックの活躍を見せ、FCトウェンテ・エンスヘーデ(FC Twente Enschede)を4-1で下し、2試合合計スコアを4-2として8強入りを決めた。

 また、ハノーバー96(Hannover 96)が4-0でスタンダール・リエージュ(Standard de Liege)を破り、2試合合計スコア6-2で準々決勝に進出している。

 メタリスト・ハルキフ(Metalist Kharkiv)は2-1でオリンピアコス(Olympiakos)に勝利し、2試合合計スコアを2-2とし、アウェーゴール差でベスト8入りを決めた。(c)AFP