【3月4日 AFP】英エネルギー大手BPは2日、米メキシコ湾(Gulf of Mexico)で起きた原油流出事故をめぐる訴訟で、損害を受けたとする漁業関係者や個人、企業などの原告側と和解案で合意したと発表した。BPは総額78億ドル(約6400億円)を支払う。

 今回の和解には、米連邦政府やメキシコ湾沿いの米国各州、地方政府による推定数百億ドル規模の罰金や提訴は含まれていない。

 BPの石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン(Deepwater Horizon)」は2010年4月に爆発事故が起き、作業員11人が死亡。油井から流出した原油は同湾に面する米国5州の沿岸部に到達し、一帯の観光業や漁業に大打撃を与えた。(c)AFP/Mira Oberman

【関連記事】油まみれの鳥たち、メキシコ湾原油流出事故