【1月25日 AFP】米大リーグ(MLB)、テキサス・レンジャーズ(Texas Rangers)に入団したダルビッシュ有(Yu Darvish)は24日、プロ野球北海道日本ハムファイターズ(Hokkaido Nippon Ham Fighters)の本拠地札幌ドーム(Sapporo Dome)で退団会見を行った。

 ダルビッシュは、1万人あまりのファンが詰め掛けた会見で、「世界中の誰もが、ナンバーワンはダルビッシュだと言ってもらえる投手になりたい」と目標を語った。

 これまで、メジャー移籍の意志はないと明言していたダルビッシュだが、プロ野球の打者との対戦ではモチベーションを保つことが難しくなったと、新たな挑戦に向けて心変わりがあったことを明かした。

 ダルビッシュは、「僕は日本の環境が自分に一番合っているけど、求められているのはメジャーの環境。野球をやる上で場所を変えないといけないと思った。僕は野球選手であって、打者を倒すのが好きで向かっていきたい」と語り、プロ野球の質の高さをメジャーで証明したいとの意気込みを見せた。

 18日にレンジャーズと6年総額約6000万ドル(約46億円)の契約を結んだダルビッシュは、レンジャーズの先発投手陣の一角を担うこととなる。(c)AFP