【1月21日 AFP】米大リーグ(MLB)のテキサス・レンジャーズ(Texas Rangers)は20日、ダルビッシュ有(Yu Darvish)と契約を結んだことを正式発表し、本拠地レンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントン(Rangers Ballpark in Arlington)で入団会見を行った。

 会見に出席したレンジャーズのゼネラルマネージャー(GM)を務めるジョン・ダニエルズ(Jon Daniels)氏は、ダルビッシュをワールドシリーズ制覇に必要不可欠な選手であると紹介し、「彼の身体能力には裏付けがあり、競争心、強健な精神力、仕事に取り組む姿勢、すべてに才能がある」と絶賛した。

 2年連続でワールドシリーズ制覇を逃しているレンジャーズは、ポスティング(入札)制度でニューヨーク・ヤンキース(New York Yankees)、トロント・ブルージェイズ(Toronto Blue Jays)を上回る5170万ドル(約39億円)を入札して30日間の交渉権を獲得し、交渉期限最終日の18日にダルビッシュと6年総額約6000万ドル(約46億円)の大型契約を結んだ。

■先発ローテの一角を期待されるダルビッシュ、背番号はファイターズと同じ「11」に

 MLBの公式サイトと日本で同時中継された記者会見にスーツ姿で登場し、通訳者を通して質問に応じたダルビッシュは、「レンジャーズに加入することができて光栄に思います。1月初めの交渉でここを訪れた際、みなさんが家族のように迎えてくれたことが決め手でした」と語った。

 背番号はプロ野球・北海道日本ハムファイターズ(Hokkaido Nippon Ham Fighters)で付けていた「11」に決定し、ロン・ワシントン(Ron Washington)監督からユニフォームを受け取ったダルビッシュは、先発ローテーションの一角を担うことが期待されており、2月に始まる春季キャンプからチームに合流する。

 イラン人の父と日本人の母を持つダルビッシュは、2005年にファイターズに入団し、2011年シーズンの年俸は球界最高額の推定5億円とされている。

 北京五輪と第2回ワールド・ベースボール・クラシック(2009 World Baseball Classic)に日本代表として出場した経歴を持つダルビッシュは、ファイターズでこれまでに最多奪三振3回、リーグ最優秀選手(MVP)2回を受賞しており、2011年シーズンは18勝6敗、防御率1.44、投球回数232回、276奪三振の成績を収めている。(c)AFP