【1月18日 AFP】ドイツ西部ブッパータール(Wuppertal)の動物園で1月4日、ホッキョクグマの双子の赤ちゃんが生まれた。写真は寝床で母親の「フィルマ(Vilma)」に抱かれる「アノリ(Anori)」。双子のうち1匹は生後1週間で死亡したが、アノリは元気な姿を見せている。父親は、ベルリンの人気者だったホッキョクグマ「クヌート(Knut)」と同じ「ラース(Lars)」。(c)AFP

【関連記事】「夢見るクヌート」の記念碑、デザイン決まる 独ベルリン動物園