【12月8日 AFP】米大リーグ機構(MLB)は7日、ポスティング(入札)制度での大リーグ移籍を目指す西武ライオンズ(Seibu Lions)の中島裕之(Hiroyuki Nakajima)との独占交渉権を、ニューヨーク・ヤンキース(New York Yankees)が獲得したと発表した。

 入札額は約200万ドル(約1億5000万円)と報じられており、遊撃手の中島はヤンキースの主将デレク・ジーター(Derek Jeter)の控え要員になるとみられる。

 2002年に一軍初出場を果たした中島は、今シーズン144試合に出場し打率2割9分7厘、16本塁打、100打点、20盗塁を記録している。(c)AFP