【5月27日 AFP】保護観察期間中に宝飾店からネックレスを盗んだとして有罪判決を受けた米女優リンジー・ローハン(Lindsay Lohan、24)の自宅監禁が、26日に始まった。ローハン受刑者の足首には監視用のアンクレットが装着されている。

 ローハン受刑者は保護観察期間中に宝飾店からネックレスを盗んだとして保護観察処分違反の罪に問われ、先月、禁錮120日と社会奉仕活動480時間の有罪判決を言い渡されていた。しかし窃盗罪を認めたことから、自宅監禁となった。

 ローハン受刑者の広報担当者によれば、受刑者はロサンゼルス郡保安官事務所(Los Angeles County Sheriff's Department)の監視下に置かれ、刑期は6月29日までの35日間になるという。  同受刑者はまた、ネックレスを盗んだ宝飾店から約91メートル(100ヤード)以内に近付かないこと、カウンセリングを受け万引き犯向けの講習を完了することを命じられている。(c)AFP

【関連情報】
窃盗罪で告訴されたローハン容疑者、無罪を主張

【リンジー・ローハン】過去記事一覧