【4月11日 AFP】男子ゴルフ今季メジャー第1戦、第75回マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament 2011)最終日。通算8アンダーの2位タイからスタートしたチャール・シュワルツェル(Charl Schwartzel、南アフリカ)は、15番ホールから4連続バーディーを奪うなど、1イーグル、5バーディー、1ボギーでスコアを6ストローク伸ばし、通算14アンダーで自身初のメジャータイトルを獲得した。

 ジェイソン・デイ(Jason Day、オーストラリア)とアダム・スコット(Adam Scott、オーストラリア)がともに通算12アンダーで2位タイに続いた。

 シュワルツェルは17番でバーディーパットを沈め、18番でパーセーブすれば26歳での初メジャー制覇というところまで近づいた。しかしながら、シュワルツェルは最終ホールで約4.5メートルを沈めてバーディーで締めくくり、この日のスコアを66としてホールアウトした。

 これまでオーストラリア人選手がマスターズで優勝したことは無く、デイとスコットはオーストラリアの長年の夢である大会制覇をシュワルツェルに阻まれた。同国出身の選手は、全英オープン(Open Championship)を9度、全米プロゴルフ選手権(PGA Championship)を4度、全米オープン選手権(US Open Championship)を2度制覇しているが、過去15年間にメジャー大会で優勝したオーストラリア人選手は、2006年の全米オープンでのジェフ・オギルビー(Geoff Ogilvy)のみとなっている。

「ただただ素晴らしい日だった」と語ったシュワルツェルは、南アフリカ出身のゲーリー・プレーヤー(Gary Player)が初めて米国人以外の選手としてマスターズを制覇した1961年の4月10日のちょうど50年後に、同じタイトルを獲得した。

「今までゴルフコース上であんなに祈ったことはないんじゃないかな」と振り返ったシュワルツェルは、賞金144万ドル(約1億2000万円)とマスターズ覇者の象徴であるグリーンジャケットを手にした。

 タイガー・ウッズ(Tiger Woods、米国)は通算10アンダーで4位タイ、日本勢は石川遼(Ryo Ishikawa)が通算3アンダーで20位タイ、アマチュアの松山英樹(Hideki Matsuyama)が通算1アンダーで27位タイだった。(c)AFP/Jim Slater

【関連記事】松山、ローアマ獲得 マスターズの女神が微笑んだ