【11月16日 AFP】米大リーグ(MLB)のロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)との3年契約が今季で終了し、フリーエージェント(FA)となっていた黒田博樹(Hiroki Kuroda)投手(35)は15日、ドジャースと新たに1年契約を結ぶことで合意した。総額は推定1200万ドル(約9億9600万円)。

 黒田は今季、31試合に先発し11勝13敗、防御率は3.39だった。大リーグ通算成績は28勝30敗、防御率3.60。黒田はドジャースとの契約終了後、古巣の広島東洋カープ(Hiroshima Toyo Carp)など日本球界への復帰も取りざたされていた。来季はドジャースで先発の4番手を務めるとみられる。(c)AFP