【9月29日 AFP】米メジャーリーグサッカー(Major League Soccer、MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)は27日、ファンのヤジに激高し、怒鳴り返したデビッド・ベッカム(David Beckham)に処分を科さないことを発表した。

 ベッカムは24日に本拠地ホーム・デポ・センター(Home Depot Center)で行われたニューヨーク・レッドブルズ(New York Red Bulls)戦後、買春報道に対して「売春婦と寝るのはやめろ」と、ヤジを飛ばしたファンに詰め寄りながら「もう一度言ってみろ。面と向かって言え」と怒鳴り返していた。

 この騒動はカメラに収められており、英大衆日曜紙ニューズ・オブ・ザ・ワールド(News of the World)が電子版で報じていた。

 同クラブ広報部門のパトリック・ドネリー(Patrick Donnelly)氏は、「騒動を内部で審査したところ、処分する必要がないと判断した」と説明している。

 ベッカムは2009年、罵声(ばせい)を浴びせたファンを挑発し、1000ドル(約9万5000円)の罰金を科せられていた。(c)AFP

【関連記事】
ベッカム、買春報道を否定 法的措置へ
ベッカム ファンに対する挑発行為で罰金