【9月15日 AFP】(写真追加)サッカー欧州チャンピオンズリーグ2010-11(UEFA Champions League 2010-11)は14日、グループリーグの第1節が各地で行われ、昨季王者のインテル(Inter Milan)は、初出場のFCトウェンテ・エンスヘーデ(FC Twente Enschede)と2-2で引き分けた。08-09シーズン大会の覇者FCバルセロナ(FC Barcelona)はパナシナイコス(Panathinaikos)に5-1で快勝した。

 今季より指揮官がジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)氏からラファエル・ベニテス(Rafael Benitez)氏に代わったインテルは、前半13分にウェズレイ・スナイデル(Wesley Sneijder)の得点で先制したが、20分にテオ・ヤンセン(Theo Janssen)のフリーキックで追いつかれた。

 その後、30分にはディエゴ・ミリート(Diego Milito)のオウンゴールで勝ち越されたが、41分にサミュエル・エトー(Samuel Eto'o)の得点で同点とし、インテルは敵地エンスヘーデ(Enschede)で勝ち点1を獲得した。

 トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)も敵地でヴェルダー・ブレーメン(Werder Bremen)と2-2で引き分け、グループAは4チームが勝ち点1で並んだ。

 トッテナムは前半20分までにペトリ・パサネン(Petri Pasanen)のオウンゴールとピーター・クラウチ(Peter Crouch)の得点で2-0とリードしたが、43分にウーゴ・アルメイダ(Hugo Almeida)の得点で1点差とされると、後半の立ち上がりにマルコ・マリン(Marko Marin)の得点で追いつかれた。

 07-08シーズン大会の覇者マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は、本拠地オールド・トラフォード(Old Trafford)でグラスゴー・レンジャーズ(Glasgow Rangers)と0-0で引き分けた。

 昨季スコットランド王者のレンジャーズを相手にマンチェスター・ユナイテッドは、先発メンバー10人を入れ替えたが、引き分けに終わり、その代償を支払うこととなった。

 グループCはバレンシア(Valencia CF)が大会初出場のブルサスポル(Bursaspor)に4-0で快勝し、首位に立った。

 FCバルセロナは本拠地カンプ・ノウ(Camp Nou stadium)でギリシャ王者のパナシナイコス(Panathinaikos)に5-1で快勝し、好スタートを切った。

 バルセロナは前半20分にシドニー・ゴブ(Sidney Govou)の得点で先制を許したが、その後リオネル・メッシ(Lionel Messi)が2得点、ダビド・ビジャ(David Villa)が1得点を記録し、3-1と逆転して前半を終えた。

 後半に入りバルセロナは、立ち上がりにメッシがPKを失敗してハットトリック達成を逃したが、33分にペドロ・ロドリゲス・レデスマ(Pedro Rodriguez Ledesma)、ロスタイムにはダニエル・アルヴェス(Daniel Alves)の得点で加点した。

 グループDでは、FCコペンハーゲン(FC Kopenhavn)も本拠地でルビン・カザニ(Rubin Kazan)に1-0で勝利した。コペンハーゲンは後半42分にダメ・ヌドイェ(Dame N'Doye)の得点で先制した。

 グループBでは昨季4強のオリンピック・リヨン(Olympique Lyon)、ベンフィカ(Benfica)が初戦を白星で飾った。

 本拠地スタッド・ジェルラン(Stade Gerland)でリヨンは、前半21分にミシェル・フェルナンデス・バストス(Michel Fernandes Bastos)の得点で先制し、シャルケ04(Schalke 04)に1-0で勝利した。

 ベンフィカは本拠地リスボンで、大会初出場のハポエル・テル・アビブ(Hapoel Tel-Aviv)に2-0で勝利した。同試合でベンフィカのルイゾン(Luisao)は前半21分、大会通算5000点目のゴールを決めている。 (c)AFP