【7月26日 AFP】ヨルダンの首都アンマン(Amman)で25日、国際動物愛護団体PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)のメンバーがレタスで作ったガウンを着込んで1人で抗議デモを行おうとしたものの、無許可デモであるとして実施前に警官に拘束された。

 PETAメンバーのアミナ・タリク(Amina Tariq)さんは、アンマンのレインボー通り(Rainbow Street)に到着後しばらくして、そばのレストランに連れて行かれ、着替えた上で警察署に連行された。

 タリクさんはイスラム教徒のヨルダン人。緑色のドレスにレタスの葉をつけて、「ベジタリアニズム(菜食主義)をあなたの心に育てなさい」と書かれたプラカードを持って登場した。抗議デモを行う予定の場所には人だかりが出来ていた。

 ある警察官はAFPに対し「(タリクさんは)法で求められているデモの許可を取得していなかった」と語った。

 PETA幹部のアシュリー・フルーノ(Ashley Fruno)さんによると、フルーノさんとタリクさんの2人が警察に拘束され、3時間にわたって聴取されたという。

 2人の釈放後、フルーノさんはAFPに対し「ヨルダン当局に1か月前に問い合わせたところ、たった1人の活動なので実質的に抗議行動ではないから許可はいらないと言われたのに。どうしてこんなことになったのか」とコメントした。(c)AFP


【関連情報】
新鮮レタスドレスで「完全菜食主義」をアピール、PETA
レタスビキニで菜食推進キャンペーン、PETA
PETA、レタスドレスで「菜食主義」の訴え マレーシア