【6月12日 AFP】米南部アーカンソー(Arkansas)州のウォシタ国立森林公園(Ouachita National Forest)にあるキャンプ場で11日未明、鉄砲水が発生し、少なくとも16人が死亡、数十人が行方不明になっている。

 キャンプ場にいた人の話によると、鉄砲水は森林公園一帯に流れ込み、キャンプ施設などにいた観光客を襲ったという。

ヘリからは、リトルミズーリ(Little Missouri)川やCaddo川など付近の河川で、最大で6メートルも水位が上昇していることが確認された。

 アーカンソー州危機管理当局によれば、昼ごろまでに少なくとも30人が救助されたが、現在も約30人が行方不明とみられる。鉄砲水が襲ったアルバード・パイク(Albert Pike)キャンプ場には滞在者が登録する仕組みが無いため、行方不明者の正確な人数の把握が困難となっている。

 バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領はただちに、連邦政府の危機対策当局にも州当局の要請に応じて出動できるよう待機を命じ、またミシェル・オバマ(Michelle Obama)米大統領夫人と、犠牲者に哀悼の意を表明した。

 ウォシタ国立森林公園は、アーカンソー州西部からオクラホマ(Oklahoma)州南東部の70万ヘクタールに広がっている。(c)AFP/Louise Daly