【9月30日 AFP】(一部更新、写真追加)米地質調査所(USGS)によると、南太平洋の島国サモア独立国沖で29日午前6時48分(日本時間30日午前2時48分)ごろ、マグニチュード(M)8.0の強い地震があった。

 赤十字によると、少なくともサモア独立国と米領サモアで14人ずつの計28人が死亡したという。被害が明らかになるにつれ、犠牲者が増える恐れがある。

 被害の大半は、高い津波を観測したサモア南岸に集中している。ある目撃者によると、津波は最高9メートルに達し、地元ジャーナリストがAFPに語ったところによると、数千人が暮らすサモアの南および南西海岸の村全体が波に押し流されたという。

 目撃者によると、米領サモアでは車が海に流され建物が倒壊した。ある議員はその光景を「廃墟」と表現した。

 サモア独立国の首都アピア(Apia)の住民は高台に避難した。アピアに駐在する、ニュージーランドのデビッド・ドルフィン(David Dolphin)高等弁務官代理は地震直後、「一部で甚大な被害が出ていると報じられており、少なくとも5人が死亡し、行方不明者も多数出ているもようだ」と語っていた。

 地震発生時に北岸にいたというドルフィン氏は、「非常に恐怖を感じたが、その時いた建物は倒壊しなかったので、できる限り警戒しながらその場にうずくまっていた」「窓がガタガタと音をたて、照明器具も揺れていた。軽い物が机や棚から床に落ちていた」と当時の状況を語った。

 韓国政府によると、この地震により韓国人2人が死亡し、1人が行方不明になっている。一方、オーストラリアとニュージーランドは緊急支援の準備を始めた。(c)AFP