【9月23日 AFP】(一部更新)体外受精で妊娠した際、手違いで別の夫婦の精子と卵による胚(はい)を移植された米オハイオ(Ohio)州の女性が、元気な男の子を出産し生物学上の両親に渡した。女性の家族が25日に明らかにした。

 声明によると、同州トリード(Toledo)にある病院で赤ちゃんを出産したキャロライン・サベージ(Carolyn Savage)さん(40)と夫のショーン(Sean)さんは、赤ちゃんの生物学上の両親であるポール・モレル(Paul Morell)さんとシャノン(Shannon)さんの家族に、次のようなお祝いの言葉を伝えた。

「ポールさん、シャノンさん、双子の娘さん、そして新しく生まれた赤ちゃんの幸せをお祈りします。今後はご家族で一緒に暮らしてください」

 また、サベージ夫妻は「わたしたち家族はとても難しい局面を乗り越えようとしている。数日間はそっとしておいてほしい」と述べ、プライバシーを尊重するよう求めた。
 
 キャロラインさんは妊娠2か月のとき、クリニックから、別の夫婦の胚を移植してしまったとの知らせを受けた。このような手違いが起きるのはまれだが、その場合は中絶することが多い。だがサベージさんはカトリックの教義にのっとり中絶せずに出産し、さらに生まれた赤ちゃんは生物学上の両親に渡すと決意し、このことを出産の数週間前に国内のメディアに公表していた。

 サベージ夫妻には既に人工授精で授かった男の子を含め、3人の子どもがいる。サベージ夫妻とモレル夫妻は当初、互いに名前を伏せたまま弁護士を通じてやりとりをしていたが、やがて直接顔を合わせて話をするようになった。キャロラインさんは「心のこもった関係」を築いたと話している。

 サベージ夫妻の弁護士は法的な問題点を詳細に検討中で、クリニックに責任を認めさせたい意向だ。(c)AFP