【9月25日 AFP】ウガンダ野生生物管理局(Uganda Wildlife Authority)は、時間もお金もないというゴリラファン向けに、インターネット上でゴリラたちと友達になってもらおうというプロジェクト「Friend a Gorilla」を、26日に正式に発足させる。

 ゴリラファンは、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「フェースブック(Facebook)」またはマイクロブログサービス「ツイッター(Twitter)」を通じて、世界有数のマウンテンゴリラの生息地、ブウィンディ原生国立公園(Bwindi Impenetrable Forest National Park)に設置されたライブカメラにより、ゴリラたちの食事風景やけんか、出産の様子などを観察することができる。

 年間登録料はわずか1ドル(約90円)。この収益はマウンテンゴリラの保全活動に活用される。

 同国では現在、観光客が観察できるように慣らされたゴリラの群れが7つあるが、24日には34頭から成る8つ目の群れがこの仲間に新たに加わる。(c)AFP


【関連記事】ゴリラと友達になれる?「フェースブック」向けに新サービス ウガンダ