【9月20日 AFP】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VolkswagenVW)が年内に日本のスズキ(Suzuki Motor)に出資する可能性が強まったと、20日発売の独自動車業界誌「アウトモービルヴォッへ(Automobilwoche)」が伝えた。

 同誌は、交渉はかなりの段階まで進んでおり、年内には基本合意に達する見込みだという、フランクフルト国際モーターショー(International Motor ShowIAA)の会場を訪れたスズキ幹部の話を掲載した。

 この幹部によると、スズキはVWから技術導入が可能になり、VWはインドや東南アジア市場への強力な足がかりを得ることができるため、両社にとってメリットがある状況だという。

 6月に独誌「マネジャー・マガツィ-ン(Manager Magazine)」は、VWがスズキに10%程度出資する可能性があると報じていた。(c)AFP