【7月2日 AFP】中国国営・新華社(Xinhua)通信は1日、新型インフルエンザA型(H1N1)に感染した34歳の女性が死亡しているのが発見されたと報じた。新型インフルエンザ感染者の死亡例は同国内では初めてだが、ウイルスによる死亡かは不明だという。

 地元当局によると、女性は前月23日に杭州(Hangzhou)で入院して治療を受けていたが、病院内のトイレで死亡しているのが見つかった。なお、女性は死亡当時、インフルエンザの症状の大半が消え、ほぼ回復していたという。

 地元の警察と保健当局は現在、女性の死因について、新型インフルエンザによるものかを含め、調査中という。

 世界保健機関(World Health OrganizationWHO)によると、中国でこれまでに確認されている新型インフルエンザ感染者数は1518人。死者は確認されていない。(c)AFP