【4月8日 AFP】南米アンデス(Andes)山脈でこれまでに見つかった最も小さいカエル。ドイツ・ドレスデンのゼンケンベルク自然史コレクション(Senckenberg Natural History Collection Dresden)と米カリフォルニア大学バークレー校(University of California at Berkeley)の研究者が6日発表した。体長はわずか11.4ミリで、世界でも最も小さいカエルの1つだとみられている。「高貴なピグミー」という意味の名前が付けられた。(c)AFP