【7月7日 AFP】スペイン・リーガエスパニョーラ1部のアトレティコ・マドリード(Atletico de Madrid)は6日、ポルトガル・スーペルリーガのFCポルト(FC Porto)からパウロ・アスンソン(Paulo Assuncao)を獲得したと発表した。

 アトレティコ・マドリードのホームページ上では、アスンソンが7日にチームに合流すると声明が発表されたものの、移籍金と契約期間については公表されていない。2005年にAEKアテネ(AEK Athens)からFCポルトへ出戻りしたアスンソンは、待遇に不満を抱きチームからの退団を希望していた。

 また、アトレティコ・マドリードはハビエル・アギーレ(Javier Aguirre)監督との不和によりイタリア・セリエAのインテル(Inter Milan)へローン移籍してそのまま07/08シーズンを終えたマニシェ(Maniche)に対して関心を示している複数のクラブと接触していることを明かした。マニシェは6月、スペインのスポーツ紙「マルカ(Marca)」に対し「不可能とまではいなくても、アトレティコに戻るのは難しくなるだろう。アギーレの為に僕はローンで出ることになった。アギーレと僕とでは意見が食い違い、彼と一緒にいることが不可能になったからね」と語っている。

 07/08シーズンを4位で終え、11年ぶりの欧州チャンピオンズリーグ2008-09(UEFA Champions League 2008-09)挑戦(予備戦3回戦から)に臨むアトレティコ・マドリードは、これまでにアヤックス(Ajax)からヨニー・ハイティンガ(Johnny Heitinga)、フィオレンティーナ(Fiorentina)からトマス・ウイファルシ(Tomas Ujfalusi)、オリンピック・リヨン(Olympique Lyon)からグレゴリー・クーペ(Gregory Coupet)、レクレアティボ(Recreativo Huelva)からフローレン・シナマ・ポンゴール(Florent Sinama-Pongolle)を獲得している。(c)AFP