【4月11日 AFP】宮崎県特産の完熟マンゴー「太陽のたまご」が10日、各地の青果市場で初競りに掛けられ、東京中央卸売市場(Metropolitan Central Wholesale Market)では史上最高額となる2個で20万円の値がつけられた。前年に記録した2個3万8000円を大きく上回った。市場関係者が明らかにした。

 宮崎県産品は、元タレントの東国原英夫(Hideo Higashikokubaru)宮崎県知事の熱心な売り込みによって頻繁にテレビに登場し、人気が高まっている。

 日本を訪れた外国人は、果物価格の高さに驚かされるといわれている。前年の青果市場では、メロン2個が200万円の史上最高額で落札された。(c)AFP