【11月23日 AFP】アルゼンチン南方の南極海で23日、乗員乗客154人を乗せた客船『MV Explorer』号が沈没を始め、現在、乗員乗客らの救出作業が続けられている。英国の沿岸警備隊の報道官が明らかにした。

 同報道官が英国放送協会(BBC)に語ったところによると、乗員2人を残した全員が客船から救命ボートに乗り移って脱出に成功し、とりあえず生命の危険はないという。
 
 『MV Explorer』号は、アルゼンチン南方、南極海のサウスシェトランド諸島(South Shetland Islands)付近を航行中に、何らかの事故により船体が激しく損傷し沈み始めたという。現時点で事故原因は不明。事故当時、現場近くを航行していた船舶『Antarctic Dream』号に救援を要請した。Antarctic Dream号は約1時間で現場に到着する見込み。

 事故当時の気象は良好だったが、海水温はかなり低く、万一、乗客らが海に投げ出されていれば、生命の危険があった。

 南極海上では、この時期、氷山観光を売りとする南極クルーズの客船が数多く運航されている。 (c)AFP