【9月2日 AFP】8月27日に就任したばかりの遠藤武彦(Takehiko Endo)農林水産相が2日、政治資金をめぐる不祥事を理由に辞任することを決めた。共同通信が伝えた。

 遠藤農林水産相は、同相が組合長理事を務める農業共済組合が補助金を国から不正受給していた件など2件について謝罪していた。

 共同通信は自民党議員の話として、参議院で過半数を占める野党が農相を追究する姿勢を示したため辞任の意向を固めたと伝えた。

 報道に対する当局の確認はとれていない。(c)AFP