【11月8日 marie claire style】秋の味覚のひとつ、栗を使ったリゾットです。記事全文へ

【11月8日 marie claire style】秋の味覚のひとつ、栗を使ったリゾットです。栗ご飯からイメージしたシンプルな組み合わせにしました。栗の甘み、ほくほくした食感を楽しむレシピです。

■ How to Cook
1.栗は一晩水につけ、鬼皮、渋皮ともに包丁でむく。タマネギはみじん切りにする。
2.鍋に分量のバターのうち20gを入れて火にかけ、タマネギを透き通るまで炒める。
3.2に栗、米、ローリエも加えて炒め、米からパチパチと音がしてきたら、白ワイン、水、固形ブイヨンを加え弱火で煮る。時々、鍋底が焦げないようにゴムべらで底からやさしく混ぜる。
4.水分が減り、米が好みの硬さになったら残りのバター10g、すりおろしたチーズを加えて混ぜ、塩・こしょう(分量外)で味を調える。(水分が足りなくなったら少しずつ水を足してください)
5.器に盛り、お好みでチーズのすりおろし、エクストラバージンオリーブオイルをかけていただく。

■Point!
通常リゾットには熱いブイヨンを注ぎますが、栗の甘みを引き出すために、水から弱火でじっくりと炊きます。生栗は、甘栗やむき栗などでも代用できます。

■ 材料 2人分
・生栗・・・12粒
・米・・・120g
・タマネギ・・・1/2個
・バター・・・30g
・チーズ(またはお好みの粉チーズ)・・・40g
・白ワイン・・・30mL
・水・・・500mL
・固形ブイヨン・・・1個
・ローリエ・・・小1枚

調理時間・・・40分(栗の浸水時間を除く)

■プロフィール
小澤慶三/(Keizo Ozawa)
食の撮影スタジオ、株式会社ヒュー所属のプロデューサー。「食」にまつわるグラフィックやCMのビジュアル制作を中心に、元フレンチの料理人という経験を生かしてレシピの開発にも携わる。

■関連情報
小澤慶三さんのレシピを集めた特集ページはこちら
株式会社ヒュー公式サイト<外部サイト>
【無料ダウンロードmarie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/recipe, photos: Keizo Ozawa

関連写真