【9月13日 marie claire style】台湾の定番ローカルフードのルーロー飯。濃いめに煮込んだ豚肉はご飯がとっても進む味しい味つけ。食欲の秋、そして新米の季節を思う存分お楽しみください。

■How to Cook調理時間40分
1.豚肉は2×1cm角の大きさに切る。鍋を中火にかけて十分に熱したらサラダ油をひき豚肉を入れる。全体に火が通ったらキッチンペーパーで余分な脂を取り除きながら、焼き色がつくまでよく炒める。
2.砂糖と紹興酒を加え、アルコールをとばすように炒める。さらに醬油と水を加えて煮立たせたら弱火にし、ゆで卵を入れる。煮汁を回しかけながら、15分ほど煮る。
3.フライドオニオンとオイスターソース、五香粉も入れ、ひと混ぜしたら火を止める。
4.器にご飯を盛り、半分に切った煮卵、食べやすい大きさに切ったチンゲン菜を添え、〈3〉の豚肉と煮汁をご飯にかける。

■Point!
五香粉は八角、桂皮、花椒、丁香、陳皮の5種類をブレンドした中華の香辛料。ひと振りで複雑な深みのある香りに仕上がります。

■材料〈4人分〉
・豚肉(バラ肉・塊)・・・400g
・ゆで卵・・・4個
・サラダ油・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ2
・紹興酒・・・大さじ2
・醬油・・・大さじ2
・水・・・200mL
・オイスターソース・・・大さじ2
・フライドオニオン・・・大さじ2
・五香粉・・・小さじ1/2
・ご飯・・・4人分
・チンゲン菜(茹でる)・・・2株

■プロフィール
樋口正樹(Masaki Higuchi)/料理研究家
2011年より料理研究家として活動開始。書籍『One Plate DISHES 毎日食べたい、作りたいワンプレートごはん』、『EVERYDAY Sweets 毎日食べたい、作りたいスイーツレシピ100』(ともにグラフィック社刊)など発売中。

■関連情報
樋口正樹 kitchen studio HIGUCCINI公式サイト<外部サイト>
樋口正樹さんのレシピを集めた特集ページはこちら
(c)marie claire style/recipe, photos: Masaki Higuchi