【9月13日 marie claire style】秋の訪れを告げるのは、モダンにアップデートされたトップメゾンのレディライクな最新ルック。ファッションフォトグラファーの巨匠、ジャンルー・シーフを父に持ち、モデルとしても活躍するフォトグラファー、ソニア・シーフがパリ郊外の古い貴族の館を舞台に、デカダンなストーリーを撮影。

■ロング&リーンに着こなす秋色のツイード
ランウェイに秋の森の風景が広がった「シャネル」の今秋冬。落ち葉や木々の幹などを思わせるオータムカラーのツイードがたまらなくシックだ。ロング&リーンのエレガントなレイヤードスタイルで着こなすのが今季らしい。バッグもツイードで上品にまとめて。

■ハイブリッドに魅せる最新フレンチシック
フレンチシックをテーマにした「ルイ・ヴィトン」の今季は、エレガンスとスポーティなエッセンスが見事に融合。ジャージー素材によるグラフィカルなパッチワークのアクセントに、ウエストで切り替えたクラシカルなチェック。コーディネートのように見えて実はドレスという、マテリアルミックスが新鮮だ。

■マスキュリンとフェミニンの美しきバランス
ナターシャ・ラムゼイ=レヴィによる新生「クロエ」の2シーズン目。レースとプリーツを配した白ブラウスの大きくV字に開いたフロントから、幾何学プリントのクロップドトップスが覗く。ボトムは乗馬パンツでクールに決めて。

■60年代のパッションがリュクス&モダンに蘇る
女性が自立し、自由なファッションが生まれた60年代の気分を描き出した今季の「ディオール」。チェック柄のマニッシュなジャケットの下にはメッセージTシャツを忍ばせて、チュールレースのスカートにはレースリボンを格子状に重ねて、今季らしい表情に。

■モードな捻りを効かせたニューべーシック
「ニナ リッチ」の今季のテーマは"FrenchInstitution"。フランスのライターやペインターなどアカデミックな人々からインスパイアされたという。構築的なフォルムを描く肩や大きめのラペルが印象的なジャケット&スカート。ヌーディなシフォンにラインストーンが煌めくブラウスと、幅広のベルトがドラマティックな表情を添える。

■シックなグレーを表情豊かにスタイリング
オーガニックとインダストリアルという相反する要素の融合を表現した「ロエベ」。グレートーンで全身をまとめたシックなスタイリングは、オーバーシルエットのシャツにドット柄のスカーフが軽やかに揺れてロマンティック。千鳥格子のパンツは、ウエストとサイドに配したレザーのパイピングが「ロエベ」らしさをアピールしている。

■問い合わせ先
・シャネル カスタマーケア/0120-525-519
・ルイ・ヴィトン クライアントサービス/0120-00-1854
・クリスチャン ディオール/0120-02-1947
・コロネット(ニナ リッチ)/03-5216-6518
・ロエベ ジャパン カスタマーサービス/03-6215-6116

■関連情報
<Secret Garden>最旬ロマンティックスタイル
・シャネル 公式HP:www.chanel.com/ja_JP
・ルイ・ヴィトン 公式HP:www.louisvuitton.com
・ディオール 公式HP:www.dior.com/ja_jp
・コロネット(ニナ リッチ) 公式HP:www.coronet.co.jp/brands/ninaricci
・ロエベ 公式HP:www.loewe.com/jap/ja/home
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style / photo: Sonia Sieff / hair: Caroline Bufalini〈Capsule Agence〉/ make-up: Tatsu Yamanaka〈Marie-France Thavonekham Agency〉/ styling: Fusae Hamada